Pocket

相続税を計算するため、上場株式の「1株あたり株価」のデータを取得したところ
ではなく単位(小数点以下第2位)で、株価が記載されていました。

「あれ?」と一瞬思ったものの、そういえば今年の7月22日から
TOPIX100の構成銘柄の株価 には、1円未満の「呼値(よびね)」の単位が適用されていたのです。

税理士会のデータ通信協同組合から、お知らせFAXが届いていたような・・・(^_^;)

「呼値」とは、株式や債券などを注文する際の値段のこと。
呼値の刻みは、各銘柄の株価の範囲によりますが、従来は、1円未満になることはありませんでした。
これが、TOPIX100の構成銘柄は、 1,000円以下の値段帯で0.1円
1,000円超5,000円以下の値段帯で0.5円に変わっています。

※ただし、売買単位は100株又は1,000株なので、1株あたりの株価に1円未満の端数があっても
実際の売買代金に、1円未満の端数は生じません。

呼値の刻みが細かくなれば、成行で買い注文するなら、200円と201円の間の価格でも売買が成立し
買い手にとっては、より低い価格で買えるというメリットあり。 また、指値で注文するなら
円未満でも買い注文が入れられるので、 様子を見つつ臨機応変に指値を選べます。

ただし、あくまでこれは株式を売買する場合の話。

相続税の計算上は、国税庁から公表されている上場株式の評価明細書
「各欄の金額は、各欄の表示単位未満の端数を切り捨てます。」と、いまだ書かれています。
各欄の表示単位はのため、評価明細書に従えば、従来通り、円未満は切り捨てるしかありません。

無題

これ、今後どうなるのかな・・・

Pocket